So-net無料ブログ作成

お腹の脂肪を減少させ贅肉を落とすサプリとして話題"シボヘール" [ダイエット]

お腹周りに贅肉ってすぐについてしまって、目立ってしまって本当に嫌なものですよね。できるならこの贅肉をすぐに落としたいと思っている方もきっとたくさんいるでしょう。どうやったらあっという間にお腹の贅肉を落とすことができるのでしょうか?

お腹が出ている女性

お腹の贅肉を落とす方法はいくつかありますが、食事の管理と効果的な運動をしていくことでみるみる落とすことができます。お腹周りに贅肉は非常につきやすいものですが、ダイエットをするとすぐに落ちる傾向があります。


お腹の贅肉を落とす方法とは?


お腹の贅肉を落とす方法はいくつかあります。贅肉とあるように、お腹の肉は贅沢な肉なんです。



つまり、贅沢をしなければ贅肉は落ちていきます。贅沢をしないというのは、貧乏に生きるというのと似ています。質素な生活をすればお肉は落ちていきます。


具体的にお腹の贅沢を落とす方法は食事に気を付ける事です。


油っこい料理はほどほどにして、煮物や味噌汁などの昔から日本人がよく食べている料理を食べます。昔の農民には太った人がいませんでした。


それは、あまり裕福な暮らしをしていなかったというのも考えられますが、こういった質素な食生活だったからというのもあります。


質素だけども野菜はたっぷりの食生活でした。


また、味噌汁や卵からタンパク質もとれます。質素ながらも栄養バランスが良かったんです。だから、昔から日本人にあった食生活をすればお腹の贅沢は少しづつなくなっていきます。


また、昔は車や電車がありませんでした。徒歩で移動していたんです。
aruku-min歩くのは健康にもよく、贅肉を落とすにも最適です。



便利な車や電車はなるべく避けて、それらは贅沢品だと考えましょう。


昔の人のように歩いて運動すれば、贅沢は落ちていきます。





このサプリが役立つかも?


お腹の贅肉はもしかすると内臓脂肪が原因かもしれません!


そんな方にはこれがおすすめです。


うそっ、なかなか落ちなかったポッコリおなかが!



まずはコチラをチェック!


肥満気味な方、BMIが高めな方、おなかの脂肪が気になる方、ウエスト周囲系が気になる方におススメの1日4粒飲むだけの新習慣・機能性表示サプリメントです。




シボヘールの口コミ・効果・格安情報などの情報をお伝えします.jpg

1日4粒の新習慣で、お腹の脂肪を減らす方法【初回980円】>>詳しくはこちら




通販市場健康茶部門売上No.1(※1)自然健康茶「モリモリスリム」を展開する株式会社ハーブ健康本舗(本社:福岡県福岡市、代表取締役:永松 靖浩)は、脂肪の合成を抑制し、脂肪の分解・燃焼を促進する(※2)「葛の花由来イソフラボン」を配合した、“お腹の脂肪を減らす”機能性表示食品『シボヘール』(消費者庁届出番号B56)を、2016年12月7日に販売開始いたします。


『シボヘール』 シボヘールはお腹の脂肪を減少させるお手伝いをするサプリとして話題ですが、シボヘールの口コミ・効果・格安情報などの情報をお伝えします。





『シボヘール』開発の背景

当社では、通販市場健康茶部門売上No.1(※1)自然健康茶「モリモリスリム」をはじめとする美と健康をサポートする商品の開発を主に行ってきました。

お客様より加齢と共に増えるお腹の脂肪を減らすのをサポートする商品が欲しいとのお声をいただいたことから、お腹周りの脂肪を減らす素材を探し、2015年より新たに始まった機能性表示食品制度のもと“お腹の脂肪を減らす”機能性表示食品『シボヘール』を開発しました。


※1 緑茶、紅茶、麦茶を除いた健康訴求の素材を用いたお茶(ドリンク以外のプーアル茶、杜仲茶、黒豆茶、ゴボウ茶、マテ茶等)市場における2015年度のブランド別売上実績(総合企画センター大阪調べ)





『シボヘール』の特長

1.『シボヘール』は、お腹の脂肪を減らす機能性表示食品です。

『シボヘール』の機能性関与成分である「葛の花由来イソフラボン」は脂肪の合成を抑制し、脂肪の分解・燃焼を促進する作用(※2)を持ち、体重の減少、お腹の脂肪の減少、ウエスト周囲径の減少を助ける機能があると報告されています。


肥満気味な方、BMIが高めの方、お腹の脂肪の気になる方、ウエストの周囲径が気になる方の脂肪の減少をサポートします。



「葛の花由来イソフラボン」による臨床試験データ






2.こだわりの「葛の花由来イソフラボン」を使用しています。

【葛の花とは】

葛(くず)は、日本や中国、アジアなどに広く生育しているマメ科の植物で、花は「秋の七草」の一つに数えられています。風邪薬でおなじみの葛の根を乾燥させた葛根(かっこん)は、古くから漢方として使われていますが、実は花にも高い効能があり、日本でも江戸時代に編集された「救民妙薬(1693)」で紹介されています。


長年の研究によって、その花の「葛の花由来イソフラボン」が、脂肪の合成を抑制し、脂肪の分解・燃焼を促進する作用(※2)を持つことがわかりました。



【原材料のこだわり】

特殊製法「熱水抽出法」でじっくり抽出した葛の花エキスのみを使用。葛の花を一つ一つ手作業で収穫し、化学的な成分を使わず高温の熱水でじっくり時間をかけて抽出しているので、機能性関与成分である「葛の花由来イソフラボン」が多く含まれています。



※2 動物を用いた試験等の結果から考えられるメカニズム、

Kamiya et al., Evid Based Complement Alternat Med., 2012, 272710, 2012

Kamiya et al., Glob J Health Sci., 4, 147-155, 2012






『シボヘール』の概要





「シボヘール」>>詳しくはこちら



【名称】
シボヘール



【機能性関与成分(1日あたり)】


葛の花由来イソフラボン(テクトリゲニン類として)35mg



【届出番号】

B56

【届出表示】


本品には、葛の花由来イソフラボン(テクトリゲニン類として)が含まれます。


葛の花由来イソフラボン(テクトリゲニン類として)には、肥満気味な方の、体重やお腹の脂肪(内臓脂肪と皮下脂肪)やウエスト周囲径を減らすのを助ける機能があることが報告されています。



肥満気味な方、BMIが高めの方、お腹の脂肪が気になる方、ウエスト周囲径が気になる方に適した食品です。





【販売開始日】
2016年12月7日


【販売価格】
3,218円(税込)


【内容量】
36g(300mg×120粒)<30日分>


【1日あたりの目安量】
4粒


【栄養成分に関する分析結果(4粒あたり)】

エネルギー:3kcal

たんぱく質:0.05g

脂質   :0.04g

炭水化物 :1g

食塩相当量:0.001g




【保存方法】
高温、多湿および直射日光を避けて保存してください。


【原材料名】
還元パラチノース、葛の花抽出物/セルロース、ショ糖脂肪酸エステル、二酸化ケイ素


【サイズ】
縦160mm×横100mm


【販売サイト】
スッキリライフ通販





「シボヘール」>>詳しくはこちら





会社概要

商号  : 株式会社ハーブ健康本舗

代表者 : 代表取締役 永松 靖浩

所在地 : 〒810-0001 福岡県福岡市中央区天神2-8-34-3F

設立  : 2002年4月

事業内容: 美容・健康・ダイエット・お茶・食品の加工及び販売業務

資本金 : 1,000万円





安全性

1.食経験

葛の花は、香港等において1950年代からお茶として飲用されてきた。



2.既存情報の調査

本品の機能性関与成分を含む原材料「葛の花抽出物」を本品と同程度配合する特定保健用食品において、食品安全委員会により安全性に問題はないと判断されている。

なお、葛の花由来イソフラボンの一種であるテクトリゲニンは、弱いながらも、女性ホルモンと同じ働き(以下、エストロゲン様作用という)を有し、弱い変異原性(突然変異を引き起こす性質)を持つことが報告されている。



3.安全性試験結果

本品の機能性関与成分を含む原材料「葛の花抽出物」について、安全性を評価した。
1)急性毒性及び亜慢性毒性の評価

葛の花抽出物の急性毒性試験を行った結果、異常は認められなかった。また、亜慢性毒性試験を行った結果、葛の花抽出物5.0%混餌群において、毒性学的に意義のある変化は認められなかった。

以上のことから、ラットにおける葛の花抽出物の無毒性量は5.0%混餌量に相当する投与量(雄、雌でそれぞれ3.0、3.5 g/kg体重/日)であると考えられた。



2)遺伝毒性の評価

細菌、ほ乳類培養細胞及びげっ歯類を用いた変異原性試験を行い、葛の花抽出物の遺伝毒性を評価した結果、葛の花抽出物は生体内では遺伝毒性を示さないと考えられた。



3)エストロゲン様作用の評価

葛の花抽出物及びテクトリゲニンのエストロゲン様作用を評価するため、①エストロゲン受容体α/βを活性化させる作用を評価する試験、②子宮肥大試験を実施した。その結果、葛の花抽出物は強いエストロゲン様作用を有する成分を含有せず、生体内でエストロゲン様作用を発揮しないと考えられた。



4)ヒト安全性試験

葛の花抽出物のヒトへの安全性を評価するため、12週間の長期摂取試験及び4週間の過剰摂取試験を行った。その結果、葛の花抽出物の摂取に起因する有害事象の発現は認められなかった。



4.医薬品との相互作用

データベース及び文献調査の結果、医薬品との相互作用に関する報告はなかった。



5.まとめ

以上より、本品の機能性関与成分を含む原材料「葛の花抽出物」は、安全性に懸念はないと考えられた。なお、本品は葛の花抽出物以外には安全性が確認されたものから構成されるため、適切に摂取する上で安全性に懸念はないと考えられる。


1日4粒の新習慣で、お腹の脂肪を減らす方法【初回980円】>>詳しくはこちら





機能性


1.標題

葛の花由来イソフラボン(テクトリゲニン類)の摂取が腹部脂肪、体重、胴囲に及ぼす影響


2.目的

健常者において、葛の花由来イソフラボン(テクトリゲニン類)を摂取すると、プラセボ(偽薬)摂取時と比較して、腹部脂肪面積、体重、胴囲が減少するか検証することを目的とした。


3.背景

葛の花由来イソフラボン(テクトリゲニン類)の経口摂取が、腹部脂肪面積、体重、胴囲を減少させるとの報告があり、そのヒト試験結果を総合的に評価するため、システマティックレビューを実施した。



4.レビュー対象とした研究の特性

健常者における葛の花由来イソフラボン(テクトリゲニン類)の経口摂取が腹部脂肪、体重、胴囲に及ぼす影響に関する研究(日本語、英語問わない)を検索対象とした。内容を精査し、4研究を評価対象とした。


なお、4研究は、全て日本で実施された信頼性の高いヒト試験であった。著者として葛の花由来イソフラボン(テクトリゲニン類)の関連者(製造又は販売を行う企業社員等)が含まれており、利益相反の問題が認められた。
 


5.主な結果

4研究における対象者は30~100例で、摂取期間は4~12週、葛の花由来イソフラボン(テクトリゲニン類として)の一日摂取量は主として22.0~42.0 mgであった。

メタアナリシスを実施した結果、出版バイアス(※)は検出されず、腹部総脂肪面積、腹部内臓脂肪面積、腹部皮下脂肪面積、体重、胴囲の有意な減少が認められた。
また、葛の花由来イソフラボン(テクトリゲニン類)の摂取による、副作用等の健康被害はなかった。

 ※出版バイアス:肯定的な研究結果がそうでない研究結果に比べて出版されやすいために起こ   る結果の偏りのこと。メタアナリシスによって視覚化、検出できる。




6.科学的根拠の質

葛の花由来イソフラボン(テクトリゲニン類として)は、主として22.0~42.0 mg/日の摂取により、腹部脂肪面積、体重、胴囲を減少させることが示唆された。

ただし、本研究には以下の限界も存在する。


・出版バイアスは検出されず、いずれも信頼性の高いヒト試験ではあったが、研究計画は事前登録 されておらず、利益相反の問題も存在するため、バイアスの混入は否定できない。


・摂取期間が最長でも12週であるため、これ以上継続摂取した際の影響は不明である。


・安全性については、サンプルサイズ、期間ともに十分とは言えないので別の切り口での評価が必 要である。



















nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

nice! 0

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。