So-net無料ブログ作成

お腹の脂肪を減少させる“サプリ”ダイエット?機能性表示食品"シボヘール"口コミ&効果 [ダイエット]

お腹周りに贅肉ってすぐについてしまって、目立ってしまって本当に嫌なものですよね。できるならこの贅肉をすぐに落としたいと思っている方もきっとたくさんいるでしょう。どうやったらあっという間にお腹の贅肉を落とすことができるのでしょうか?




お腹が出ている女性

お腹の贅肉を落とす方法はいくつかありますが、食事の管理と効果的な運動をしていくことでみるみる落とすことができます。お腹周りに贅肉は非常につきやすいものですが、ダイエットをするとすぐに落ちる傾向があります。


お腹の贅肉を落とす方法とは?


お腹の贅肉を落とす方法はいくつかあります。贅肉とあるように、お腹の肉は贅沢な肉なんです。



つまり、贅沢をしなければ贅肉は落ちていきます。贅沢をしないというのは、貧乏に生きるというのと似ています。質素な生活をすればお肉は落ちていきます。


具体的にお腹の贅沢を落とす方法は食事に気を付ける事です。


油っこい料理はほどほどにして、煮物や味噌汁などの昔から日本人がよく食べている料理を食べます。昔の農民には太った人がいませんでした。


それは、あまり裕福な暮らしをしていなかったというのも考えられますが、こういった質素な食生活だったからというのもあります。


質素だけども野菜はたっぷりの食生活でした。


また、味噌汁や卵からタンパク質もとれます。質素ながらも栄養バランスが良かったんです。だから、昔から日本人にあった食生活をすればお腹の贅沢は少しづつなくなっていきます。


また、昔は車や電車がありませんでした。徒歩で移動していたんです。
aruku-min歩くのは健康にもよく、贅肉を落とすにも最適です。



便利な車や電車はなるべく避けて、それらは贅沢品だと考えましょう。


昔の人のように歩いて運動すれば、贅沢は落ちていきます。





このサプリが役立つかも?


お腹の贅肉はもしかすると内臓脂肪が原因かもしれません!


そんな方にはこれがおすすめです。


うそっ、なかなか落ちなかったポッコリおなかが!



まずはコチラをチェック!


肥満気味な方、BMIが高めな方、おなかの脂肪が気になる方、ウエスト周囲系が気になる方におススメの1日4粒飲むだけの新習慣・機能性表示サプリメントです。




シボヘールの口コミ・効果・格安情報などの情報をお伝えします.jpg

1日4粒の新習慣で、お腹の脂肪を減らす方法【初回980円】>>詳しくはこちら




通販市場健康茶部門売上No.1(※1)自然健康茶「モリモリスリム」を展開する株式会社ハーブ健康本舗(本社:福岡県福岡市、代表取締役:永松 靖浩)は、脂肪の合成を抑制し、脂肪の分解・燃焼を促進する(※2)「葛の花由来イソフラボン」を配合した、“お腹の脂肪を減らす”機能性表示食品『シボヘール』(消費者庁届出番号B56)を、2016年12月7日に販売開始いたします。


『シボヘール』 シボヘールはお腹の脂肪を減少させるお手伝いをするサプリとして話題ですが、シボヘールの口コミ・効果・格安情報などの情報をお伝えします。





『シボヘール』開発の背景

当社では、通販市場健康茶部門売上No.1(※1)自然健康茶「モリモリスリム」をはじめとする美と健康をサポートする商品の開発を主に行ってきました。

お客様より加齢と共に増えるお腹の脂肪を減らすのをサポートする商品が欲しいとのお声をいただいたことから、お腹周りの脂肪を減らす素材を探し、2015年より新たに始まった機能性表示食品制度のもと“お腹の脂肪を減らす”機能性表示食品『シボヘール』を開発しました。


※1 緑茶、紅茶、麦茶を除いた健康訴求の素材を用いたお茶(ドリンク以外のプーアル茶、杜仲茶、黒豆茶、ゴボウ茶、マテ茶等)市場における2015年度のブランド別売上実績(総合企画センター大阪調べ)





『シボヘール』の特長

1.『シボヘール』は、お腹の脂肪を減らす機能性表示食品です。

『シボヘール』の機能性関与成分である「葛の花由来イソフラボン」は脂肪の合成を抑制し、脂肪の分解・燃焼を促進する作用(※2)を持ち、体重の減少、お腹の脂肪の減少、ウエスト周囲径の減少を助ける機能があると報告されています。


肥満気味な方、BMIが高めの方、お腹の脂肪の気になる方、ウエストの周囲径が気になる方の脂肪の減少をサポートします。



「葛の花由来イソフラボン」による臨床試験データ






2.こだわりの「葛の花由来イソフラボン」を使用しています。

【葛の花とは】

葛(くず)は、日本や中国、アジアなどに広く生育しているマメ科の植物で、花は「秋の七草」の一つに数えられています。風邪薬でおなじみの葛の根を乾燥させた葛根(かっこん)は、古くから漢方として使われていますが、実は花にも高い効能があり、日本でも江戸時代に編集された「救民妙薬(1693)」で紹介されています。


長年の研究によって、その花の「葛の花由来イソフラボン」が、脂肪の合成を抑制し、脂肪の分解・燃焼を促進する作用(※2)を持つことがわかりました。



【原材料のこだわり】

特殊製法「熱水抽出法」でじっくり抽出した葛の花エキスのみを使用。葛の花を一つ一つ手作業で収穫し、化学的な成分を使わず高温の熱水でじっくり時間をかけて抽出しているので、機能性関与成分である「葛の花由来イソフラボン」が多く含まれています。



※2 動物を用いた試験等の結果から考えられるメカニズム、

Kamiya et al., Evid Based Complement Alternat Med., 2012, 272710, 2012

Kamiya et al., Glob J Health Sci., 4, 147-155, 2012






『シボヘール』の概要







「シボヘール」>>詳しくはこちら



【名称】
シボヘール



【機能性関与成分(1日あたり)】


葛の花由来イソフラボン(テクトリゲニン類として)35mg



【届出番号】

B56

【届出表示】


本品には、葛の花由来イソフラボン(テクトリゲニン類として)が含まれます。


葛の花由来イソフラボン(テクトリゲニン類として)には、肥満気味な方の、体重やお腹の脂肪(内臓脂肪と皮下脂肪)やウエスト周囲径を減らすのを助ける機能があることが報告されています。



肥満気味な方、BMIが高めの方、お腹の脂肪が気になる方、ウエスト周囲径が気になる方に適した食品です。





【販売開始日】
2016年12月7日


【販売価格】
3,218円(税込)


【内容量】
36g(300mg×120粒)<30日分>


【1日あたりの目安量】
4粒


【栄養成分に関する分析結果(4粒あたり)】

エネルギー:3kcal

たんぱく質:0.05g

脂質   :0.04g

炭水化物 :1g

食塩相当量:0.001g




【保存方法】
高温、多湿および直射日光を避けて保存してください。


【原材料名】
還元パラチノース、葛の花抽出物/セルロース、ショ糖脂肪酸エステル、二酸化ケイ素


【サイズ】
縦160mm×横100mm


【販売サイト】
スッキリライフ通販













会社概要
商号  : 株式会社ハーブ健康本舗
代表者 : 代表取締役 永松 靖浩
所在地 : 〒810-0001 福岡県福岡市中央区天神2-8-34-3F
設立  : 2002年4月
事業内容: 美容・健康・ダイエット・お茶・食品の加工及び販売業務
資本金 : 1,000万円




「シボヘール」>>詳しくはこちら






安全性

1.食経験

葛の花は、香港等において1950年代からお茶として飲用されてきた。



2.既存情報の調査

本品の機能性関与成分を含む原材料「葛の花抽出物」を本品と同程度配合する特定保健用食品において、食品安全委員会により安全性に問題はないと判断されている。

なお、葛の花由来イソフラボンの一種であるテクトリゲニンは、弱いながらも、女性ホルモンと同じ働き(以下、エストロゲン様作用という)を有し、弱い変異原性(突然変異を引き起こす性質)を持つことが報告されている。



3.安全性試験結果

本品の機能性関与成分を含む原材料「葛の花抽出物」について、安全性を評価した。
1)急性毒性及び亜慢性毒性の評価

葛の花抽出物の急性毒性試験を行った結果、異常は認められなかった。また、亜慢性毒性試験を行った結果、葛の花抽出物5.0%混餌群において、毒性学的に意義のある変化は認められなかった。

以上のことから、ラットにおける葛の花抽出物の無毒性量は5.0%混餌量に相当する投与量(雄、雌でそれぞれ3.0、3.5 g/kg体重/日)であると考えられた。



2)遺伝毒性の評価

細菌、ほ乳類培養細胞及びげっ歯類を用いた変異原性試験を行い、葛の花抽出物の遺伝毒性を評価した結果、葛の花抽出物は生体内では遺伝毒性を示さないと考えられた。



3)エストロゲン様作用の評価

葛の花抽出物及びテクトリゲニンのエストロゲン様作用を評価するため、①エストロゲン受容体α/βを活性化させる作用を評価する試験、②子宮肥大試験を実施した。その結果、葛の花抽出物は強いエストロゲン様作用を有する成分を含有せず、生体内でエストロゲン様作用を発揮しないと考えられた。



4)ヒト安全性試験

葛の花抽出物のヒトへの安全性を評価するため、12週間の長期摂取試験及び4週間の過剰摂取試験を行った。その結果、葛の花抽出物の摂取に起因する有害事象の発現は認められなかった。



4.医薬品との相互作用

データベース及び文献調査の結果、医薬品との相互作用に関する報告はなかった。



5.まとめ

以上より、本品の機能性関与成分を含む原材料「葛の花抽出物」は、安全性に懸念はないと考えられた。なお、本品は葛の花抽出物以外には安全性が確認されたものから構成されるため、適切に摂取する上で安全性に懸念はないと考えられる。





お腹の脂肪を減らす!機能性表示食品「シボヘール」>>詳しくはこちら





機能性


1.標題

葛の花由来イソフラボン(テクトリゲニン類)の摂取が腹部脂肪、体重、胴囲に及ぼす影響


2.目的

健常者において、葛の花由来イソフラボン(テクトリゲニン類)を摂取すると、プラセボ(偽薬)摂取時と比較して、腹部脂肪面積、体重、胴囲が減少するか検証することを目的とした。


3.背景

葛の花由来イソフラボン(テクトリゲニン類)の経口摂取が、腹部脂肪面積、体重、胴囲を減少させるとの報告があり、そのヒト試験結果を総合的に評価するため、システマティックレビューを実施した。



4.レビュー対象とした研究の特性

健常者における葛の花由来イソフラボン(テクトリゲニン類)の経口摂取が腹部脂肪、体重、胴囲に及ぼす影響に関する研究(日本語、英語問わない)を検索対象とした。内容を精査し、4研究を評価対象とした。


なお、4研究は、全て日本で実施された信頼性の高いヒト試験であった。著者として葛の花由来イソフラボン(テクトリゲニン類)の関連者(製造又は販売を行う企業社員等)が含まれており、利益相反の問題が認められた。
 


5.主な結果

4研究における対象者は30~100例で、摂取期間は4~12週、葛の花由来イソフラボン(テクトリゲニン類として)の一日摂取量は主として22.0~42.0 mgであった。

メタアナリシスを実施した結果、出版バイアス(※)は検出されず、腹部総脂肪面積、腹部内臓脂肪面積、腹部皮下脂肪面積、体重、胴囲の有意な減少が認められた。
また、葛の花由来イソフラボン(テクトリゲニン類)の摂取による、副作用等の健康被害はなかった。

 ※出版バイアス:肯定的な研究結果がそうでない研究結果に比べて出版されやすいために起こ   る結果の偏りのこと。メタアナリシスによって視覚化、検出できる。




6.科学的根拠の質

葛の花由来イソフラボン(テクトリゲニン類として)は、主として22.0~42.0 mg/日の摂取により、腹部脂肪面積、体重、胴囲を減少させることが示唆された。

ただし、本研究には以下の限界も存在する。


・出版バイアスは検出されず、いずれも信頼性の高いヒト試験ではあったが、研究計画は事前登録 されておらず、利益相反の問題も存在するため、バイアスの混入は否定できない。


・摂取期間が最長でも12週であるため、これ以上継続摂取した際の影響は不明である。


・安全性については、サンプルサイズ、期間ともに十分とは言えないので別の切り口での評価が必 要である。







「シボヘール」>>詳しくはこちら














ダイエット,サプリ,体脂肪,中性脂肪,コレステロール,お腹の脂肪,減らす,機能性表示食品,シボヘール,ライフ,黒豆,肥満,ウエスト,サポート,ドリンク,英語,栄養バランス,皮下脂肪,口コミ,効果,











nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

セクシャルコミュニケーション自分で磁愛マッサージ [ダイエット]

セクシャル感度を高める、うっとりマッサージ術【1人でも2人でもOK】


 日本人女性の平均寿命は86.83歳。3年連続で世界一位なのは誇らしいことですが、枯れたまま長生きしたってつまらない! 更年期以降の約40年を輝く女でいるべく、知恵と体力を培うのは、もはや必須でしょう。

 というわけで参加してきました。


アラフォー・アラフィフになっても軽やかに女を楽しめる。セクシー&スマートな愛されボディ.jpg

「アラフォー・アラフィフになっても軽やかに女を楽しめる。セクシー&スマートな愛されボディの作り方」

 講師は、聖なる性の語り部、作家、カウンセラー、そして一般社団法人「性・愛・命の学び舎」代表でもある多才な夏目祭子さん。

 4時間におよぶ講座は3部構成。

(1)自由に食べても太らないアンチダイエットテクニック
(2)本物のセクシャルコミュニケーション術
(3)たおやかな女度・セクシャル感度をググッと高める女神エナジーヨガ

 ダイエットとセクシャルをイコールで結ぶことに疑問を感じる方もいるかもしれません。しかし本来のダイエットとは身体の声と心の声に耳を傾けないと成立しないもの。これって性愛にも似ていると思いませんか。

「彼ってイケメンだし学歴も給料も申し分ないけど、なんだか食指が動かないのよ」

 なんだか。なんとなく。女性の常套句は身体と心が拒否しているサイン。女は本来感覚で生きるべきなのに、ついつい頭に騙されてしまう。ここを見事につなげてしまったのが夏目祭子さんの斬新かつすばらしいところ。

 いえいえ、本来すべての女性が持っている女性性を引き出すためのワンツースリーレッスンなのです。

◆まずは自分で「磁愛マッサージ」

 ここでは(2)のセクシャルコミュニケーションで学んだ「気めぐりマッサージ」にスポットをあててみましょう。

 基本の「磁愛マッサージ」はパートナーシップを高めるのに最適だし、お一人様のリラックスタイムに活用するのもよし。使うのは自分の手のひらだけというシンプルさ。そしてとても簡単!



 注意したいのは撫でるスピード。桜の花びらが風に舞い地面に落ちていく、優雅な流れをイメージし、手のひらで表現してください。

(1)まずは腕から。脇の下の内側を始点とし、二の腕→腕→手のひらと撫でていき小指を折り返し地点とし、今度は同じように外側を撫で脇の下に戻ります。

(2)次は脚。土踏まずの内側を始点とし、鼠蹊部(そけいぶ)を通り恥骨のあたりを折り返し地点とし、今度は外側を撫でていきます。

(3)胸は乳房を8の字で囲むように撫で(右回り8回、左回り8回と交互に撫でる)、腹部はおへそを中心に右回りに撫でていきます。

 いずれも、手のひらのくぼみをそっと身体に触れさせるだけ。力を入れる必要はありません。

 なんだ~、単純じゃん。こんなので効果あるの? と思うなかれ。ゆっくり、やわらかく、ていねいに、のフェザータッチって、ゾクッとするほど快感で、そのくせうたたねしちゃうくらい気持ちがいいのです。

◆ふたりのマッサージで癒される

 ひとりでできるのはここまで。以後は二人体制で行います。パートーナーじゃなくても、ご家族やお友達同士でもOK。親愛度が高まること間違いなしです。

 お相手にうつ伏せになってもらい、頭、肩、背中からお尻、脚の順で両手を使い撫でていきます。



(1)頭の天辺から、耳のうしろを通り、首筋まで。肩は首筋から肩まで。

(2)背中は肩甲骨あたりを始点とし、お尻の丸みにそってUターン、背骨を撫でて始点に戻ります。

(3)脚は骨盤の外側が始点となり、そのまま太腿、ふくらはぎ、足の指まで撫でていきます。

 この日、初対面の方と組んで実践しましたが、マッサージされている方は当然のこと、マッサージしているこちらも癒されてしまうのです。皮膚一枚隔てて極上の熱を交換し合っているようなもの。「手当て」の語源を体感したと言えばいいでしょうか。

 自分や相手を愛する準備運動として、最上であり最適であると確信しました。

 身体が心地よくあたたまったところで、いよいよ女神エナジーヨガ。これは次回の記事でご紹介します。

 アラフォー、アラフィフ生活&性活をもっと豊かにアクティブに。

乞うご期待。



<TEXT/森美樹>

●森美樹:1970年生まれ。少女小説を7冊刊行したのち休筆。2013年、「朝凪」(改題「まばたきがスイッチ」)で第12回「R-18文学賞」読者賞受賞。同作を含む『主婦病』(新潮社)を上梓



女子SPA!引用








筋トレ、ランニング、食事制限・・キツイダイエットにうんざりの方1日5分の「ボニック」ならリラックスしながら自宅でエステ







たまには自分にご褒美

エステ体験ワンコイン500円で、骨盤ダイエット


FIRST CLASSの技術とサービスで最高の結果を目指そう!★エステ体験500円 SLIMにスピードやせ★エステ体験60分


スリムクイーンは-20.5kg★骨盤ダイエット キレイにバージョンUP☆500円体験



nice!(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

やせない原因は「睡眠不足」かも? [ダイエット]

子どものころは先生に「You snooze, you lose(居眠りしたら負けだよ)」と言われていました。けれども、大人になった今は、「You snooze, you win(居眠りしたら勝ちだよ)」なのかもしれません。睡眠は大切と知りながらも、忙しいとまっさきにそれを削ってしまいがちですが、これは本当にいけません。きちんと寝ていないせいで、体重が落ちない可能性が大いにあるのです。


やせない原因は?You snooze, you lose(居眠りしたら負けだよ).jpg


不思議に思うかもしれませんが、それは、あなたが減量は「入ってくるカロリーと出ていくカロリー」だけで決まると考えているからかもしれません。けれども私たちの体は、複雑な生体系であることを思い出してください。未加工データを入力したり出力したりするだけのマシンと違い、私たちの体は、多くの込み入った不確定要素に対処しなければなりません。そうした不確定要素の1つが、体が修復と回復を行う能力(要するに睡眠)です。

睡眠は、いまだ謎に包まれているものの、体にとって重要なファクターです。これが不足すると、複雑な生理作用(と行動作用)が現れ始めます。

睡眠不足は空腹感と食欲を増加させる

睡眠と減量の複雑な関係は、空腹感を調節するホルモン「グレリン」と「レプチン」が睡眠に影響を及ぼすところから始まります。

この2つのホルモンは、食欲と体脂肪のコントロールにおいて大きな役割を果たしています。具体的に言うとレプチンは、栄養の行き渡り方や脂肪の量、個人のホルモン環境(性別によってばらつきがあります)など、いくつかの要因に応じて機能します。

一方のグレリンには、空腹感を増大させる働きがあります。レプチンは逆に空腹感を抑えるため、減量の観点から見れば、レプチンが多いほど良いと言えるでしょう。

しかし、残念ながら、肥満患者やダイエット中の人、そして十分な睡眠を取っていない人の場合、レプチン濃度(と、それに続くレプチン感受性)がうまく機能しないことがあります。

シカゴ大学の研究グループは、睡眠不足はレプチン濃度を低下させ、グレリン濃度を上昇させてダイエットに悪影響を及ぼすことを発見しました。つまり、空腹感と食欲が増し、過食になりがちということです。熟睡できなかった翌日にヤケ食いに走ってしまうことに気づいていましたか? 衝動的にドーナツやカップケーキ、砂糖をたっぷりと含んだお菓子などに手を伸ばしてしまい、「そんなに食べて本当にいいの?」などとからかわれたりすると、カチンときたりするわけです。

そうなると、バランスの良い食事を続けて減量に挑むのが困難になってきます。興味深いことに、ある研究結果によると、たった1晩の睡眠不足で、このような変化が感じられる場合もあるそうです。



寝不足になると、意志の力も低下する

「自制心」は限りある資源ですが、脳がフル回転で活動していれば、自制心を使って、「今日はドーナツをやめておこう」という決心もおそらくできるでしょう。しかし、睡眠不足の脳だと、人間は怒りっぽくなり、正しい判断を下す能力が鈍って、何よりも意志力が低下します。また、ダイエット自体も、大切な「意志力の蓄え」を減らしてしまうため、こうしたダイエットの問題点と、睡眠不足から来る問題点があいまって、体重を落とすためにはさらなる強い意志が必要になるかもしれません。

ですから、十分な睡眠が必要なのです。睡眠不足になると、おなかがすき、甘いお菓子への欲求が生まれ、正しい決断を下すための自制心も低下するという、致命的な状態に陥ります。ついつい、ダイエットなど忘れてしまうかもしれません。でも、いざ体重計に乗る瞬間に、はっと我に返るのでしょうね。

意志力が有限であるのなら、それを睡眠習慣とその質の改善に活用したほうが良いかもしれません。「塩分を控える」「1日にこれだけの量の水を飲む」などということに貴重な意志力を投資したところで、見返りはずっと少ないでしょう。



睡眠不足は脂肪を落ちにくくする

食欲と空腹感の増大は、減量をめぐる問題の、ほんの一部にすぎません。睡眠不足はさらに、体から脂肪を落ちにくくします。

学術雑誌『Annals of Internal Medicine』に発表されたある研究では、どの程度の睡眠量が脂肪の消失に影響しうるのかを観察する試みが行われました。14日間の実験では、10人の平均的な肥満体型の被験者たちを、1晩の睡眠時間が「5.5時間」のグループと「8.5時間」のグループに分けました。彼らは全員、座っていることが多い生活を送り、摂取カロリーも毎日、朝食/昼食/夕食/夜食に分けて約1460キロカロリーと厳重に管理されました。

実験終了時には、2つのグループとも同じくらい体重が落ちていましたが、落ちた体重の内訳が異なっていました。睡眠時間が8.5時間のグループは、体脂肪の約半分が落ちました。それに対して5.5時間のグループは、体脂肪が4分の1しか落ちませんでした。さらなる事実が彼らに追い打ちをかけます。5.5時間のグループが8.5時間のグループよりも多く落とした体重は、脂肪のない肉、つまり筋肉だったのです。

この研究結果は、被験者全員が同じ減量プログラムに従ったにもかかわらず、5.5時間のグループが落とした体重は、体脂肪ではなく、主に蓄えられたグリコーゲン(いわば炭水化物)だったことを示唆しています。この実験を行った研究グループは次のように述べています。

総合すると、今回の結果は「食物摂取が限られた状態での睡眠不足は、空腹感、グルコース(糖)・脂肪の利用、およびエネルギー代謝において、グレリン関連の変化を増幅させる」ことを示している。したがって、短い睡眠時間という条件下では脂肪を含まない体重減少が多かったのは、脳や他のグルコース依存性組織が、長期化し、増大した代謝要求を維持するために、体タンパク質をグルコースに変える量が上昇したことが原因かもしれない。

要するに、ダイエット中に睡眠を削りすぎると、あまり良くない状態になるということです。引き締まった体を手に入れるためには、長期にわたる食事制限に取り組みつつ、さらには「空腹感」が引き起こす、我慢ならない欲求に対処しなければならないでしょう。



睡眠を改善する方法

質・量ともに優れた睡眠が、減量に良い影響を及ぼすことには納得していただけたでしょうか。ただ、「もっとたくさん睡眠を取りましょう」というアドバイスは、「食べる量を減らして運動すれば?」というアドバイスと同じくらい漠然としています。

それではまず、どのくらいの睡眠が「適切」なのかを考えてみましょう。

実際には、「適切」な睡眠は人によって異なっており、さらにはその人の年齢やその他の要因によってさまざまでもあるのです。

睡眠への理解を深めて市民の健康改善を目指すアメリカの非営利団体「National Sleep Foundation(NSF)」は、成人に7~9時間の睡眠を勧めています。この数字は、ほとんどの人にとって最適と言えるようです。

けれども、すべての人に当てはまるダイエットやエクササイズのプログラムがないのと同じように、「万人に適した、たったひとつの魔法の睡眠時間」などありません。6時間で元気な人もいれば、毎晩、10時間以上の睡眠が必要な人もいます。私の場合、7時間眠れば問題なく生活ができますし、8時間半眠れば、滝を泳いで登ったり、クマと闘ったりできるほど元気でいっぱいになります。

米Lifehackerは以前から、睡眠改善に関するいろいろな記事を発表していますが、特に健康面で当てはまる事柄を以下にいくつか紹介しましょう。

午後のカフェインや刺激物は控える:大半の人は、夕方から夜間にかけてワークアウトを行います。それはかまわないのですが、効果的なワークアウトを行うために摂取するカフェインや刺激物の量に気をつけて、睡眠への影響を確かめてください。カフェインをいつ、どのくらい摂取しているのか、自覚しましょう。早めの時間帯にワークアウトを行う:どの時間帯にワークアウトをしても、ぐっすり眠れる人もいます。けれども、定期的に運動しているにもかかわらず寝つきが悪いという人は、「いつワークアウトを行っているのか」に着目してください。夜間のワークアウトは、プラスどころかマイナスかもしれません。そんな場合は、可能であれば、ワークアウトの時間を早めてみてください。ベッドに入る1時間前にスクリーンを見るのをやめる(ベッドタイムの習慣になっている場合を除く):これまでにもいろいろ書かれているように、スクリーンタイム(パソコンやテレビなどの画面を眺めている時間)が睡眠サイクルを乱すことがあります。私の場合、脳の回転速度が上がって仕事モードに切り替わってしまうため、ベッドではスクリーンを見ないようにしています。でも、たあいのないテレビ番組やポッドキャストが眠気を誘ってくれるのだという人も多いかもしれませんね。それが習慣の一部になっていたり、質の高い睡眠を与えてくれたりと、効果があるのならぜひ続けてください!空腹でベッドに入らなくても良いよう、食事時間を調節する: ダイエットに悩みの種は多いものですが、その1つが、グーグー鳴るおなかを抱えたままベッドに入ることです。フワフワのパンケーキが脳裏にちらついて、寝つけない人たちも多いでしょう。食べものが胃を通過して小腸にたどり着くまでには通常、5~8時間かかるので、ベッドタイムの3~4時間前にきちんとした食事を摂るようにすると良いでしょう。私は、寝る1時間前に軽く食べています。万が一おなかがすいたら困りますからね。ベッドに入る前に炭水化物を食べてみる:非難の声が聞こえてきそうですが、夜に炭水化物を食べるだけが肥満の原因ではないということを知っておいてください。睡眠に関わる話を1つしましょう。学術雑誌『American Journal of Clinical Nutrition』に発表されたオーストラリアのある研究によると、即効性の炭水化物を、とりわけベッドタイムの4時間前に摂取すると、より早く眠りに落ちることができるのだとか。ただしそれは、炭水化物と同時に摂取するタンパク質や脂肪によります。私は、電子レンジでチンしたスウィートポテトにアーモンドバターとシナモンをほんの少しトッピングするのが大好きです!ダイエット計画を見直す:良い睡眠を取れないのは、まったく別の何かが原因だという場合があります。もしかして、ワークアウトとダイエットをがんばりすぎていませんか? そういった事態は良く起こります。ただでさえ参っている体をいっそう酷使し、睡眠障害を引き起こしてしまっているのかもしれません。もしそうなら、自分の行動を偽らずに点検してください。週7日間ワークアウトに励み、1日の摂取カロリーを1200に抑えているのであれば、現在のやり方について専門家に相談すべきかもしれません。
「ダイエット」から「エクササイズ」、そして「睡眠」のすべてをひっくるめて、やせるための活動と考えてみてください。十分に休息していれば、気分は最高になり、充実したワークアウトを実践し、食事についてもより良い決断が下せるでしょう。そうなれば、質の高い睡眠を取ることも、体重を落とすことも容易になります。

睡眠を大切にしつつ、ダイエットとエクササイズに励んでくださいね!


Stephanie Lee(原文/訳:阪本博希/ガリレオ)
Photo by Shutterstock.


ライフハッカー[日本版]引用










キレイに痩せるためのプライベートジム【bellezza】





今日からお手軽に水素入浴。あなたのお肌がしっとり、ツルツルに!お家でかんたんエステ!

nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚