So-net無料ブログ作成
検索選択
子育て ブログトップ
前の3件 | -

生活保護を受給する妊娠中no"シングルマザー"年間560万円! [子育て]

「赤ちゃんをこの腕に抱く瞬間がもうたまらない。私、赤ちゃんが大好きなんです」という34歳の女性が、このほど13人目の子供を妊娠中だ。

末っ子はまだ1歳になったばかりというなか、新たな妊娠が発覚。多額の生活保護を受給しているこのシングルマザーにイギリス市民から批判が殺到している。英紙『Metro』や『The Sun』が伝えている。


【海外発!Breaking News】年間560万円の生活保護を受給するシングルマザー、13人目を妊娠中(英)


シングルマザー年間560万円の生活保護を受給.jpg

13人目の子供を妊娠中の34歳女性(出典:http://metro.co.uk




英チェシャー州ウォリントンに暮らすシェリル・プルーダムさん(34歳)は、国内で「最も恥知らずな母親」として有名だ。彼女はこれまで12人の子供を持ち、年間4万ポンド(約560万円)もの“生活保護手当(ベネフィット)”を受給している。

社会福祉保障が日本よりも手厚い国イギリスでは、生活保護受給者となると児童手当や母子家庭手当、失業手当など多岐にわたり様々な支援・免除を受ける権利を持つことができる。


多額に支払われるその生活保護手当を、シェリルさんは家族の生活費以外に高級車やブランド商品の購入、豊胸手術、子供たちを海外のバケーションに連れて行くなど散財しており、“税金控除者のくせに贅沢をしている”と世間から批判を浴び続けて来た。


シェリルさんはケント州のホームレス施設にいた17歳の時に妊娠し、最初の出産をした。その後2人の男性との間に6人の子供をもうけた。そして2010年、宅配運転手のロバートさんと結婚しさらに6人の子を出産したが昨年、ロバートさんの浮気が原因で別れる結果となった。


ロバートさんと別れた時には、「もう誰とも付き合いたくない。子供は欲しいけど相手はいらないから精子バンクから精子を提供してもらって赤ちゃんを産みたい」と話してメディアで話題になった。


奔放な意見を口にするシェリルさんを世間は批判し、シェリルさんへの生活保護受給の打ち切りの署名運動まで行われたほどだ。

ところが当のシェリルさんは、世間の批判などどこ吹く風。「男はいらない」と言っていたにもかかわらず数年来の友人であったリー・ボールさん(29歳)と交際するようになり、現在13人目を妊娠中だ。

リーさんには前のパートナーとの間に幼い娘がいるが、仕事はしていない。


また現在2人は一緒には暮らしておらず、シェリルさんは13人目の子供にかかる育児費用も政府からの生活保護に頼るつもりのようだ。


民放のテレビ番組『This Morning』に出演したシェリルさんは、司会者から「もっと支援を必要としている人が世間にはたくさんいるのに、あなたは恥ずかしくないのですか?」とかなり厳しい言葉で追及を受けたが「政府がくれるというのなら私はもらうまで。


別に私が手当の額を決めているわけではありません。


それに子供たちにはホリデーが必要です。手当で旅行に連れて行くことのどこが悪いんですか」と反論した。


「私がどれだけ子供を持とうと他人には関係ありません。子供たちが成長すれば働くし、税金を支払って国に返してくれるでしょうよ」と悪びれる様子もなく発言するシェリルさんだが、国内の納税者からは「赤ちゃんが好きだからって結局、生活保護に頼っているからそんなこと言えるんだ。


保護を止めるべきだ」「税金を支払っている一市民として、こんな母親を援助しているのかと思うと悲しい」「絶対援助額を下げるべき」「シングルマザーって申請すれば受給額が多くなるからパートナーとも一緒に住まないんでしょ、ズルいわ」「こんな女性、避妊手術をするべきだ」といった怒りと呆れの声があがっている。

一方で「12人も子持ちの女性と付き合う男も男だね」と仕事もしていないリーさんへの批判の声もあるようだ。


イギリスではシェリルさん以外にも、政府から高額な生活保護手当を受け続ける子だくさんのシングルマザーがいるが、常に批判の対象となっている。



出典:http://metro.co.uk
(TechinsightJapan編集部 エリス鈴子)



Techinsight引用





nice!(0)  トラックバック(0) 

子どもを追い詰めるNG子育て4つ!完璧な母親を目指す人ほど陥りがち [子育て]

“子育てに正解はない”といわれますが、心のどこかで「いいお母さんにならなきゃ」と完璧な母親像を自分に課していないでしょうか?

ママ友の噂話や子育てブログなど、リアルでもネットでも情報が氾濫するなか、“よそ”と“うち”を比較して、つい自己嫌悪に陥ってしまうお母さんも多いかもしれません。

でも、そんなふうに自分にプレッシャーをかけすぎると、ママ自身が苦しいだけでなく、子どもにまで悪影響を及ぼすおそれがあるのです。

今回は、幼児教育専門家の立石美津子さんの著書『「テキトー母さん」流 子育てのコツ』を参考に、“いいお母さん”ほどやりがちな子どもを追い詰めるNG子育て4つをお届けしたいと思います。

完璧な母親を目指す人ほど陥りがち!子どもを追い詰めるNG子育て4つ.jpg

■NG1:“ノルマ”に縛られる
“冷凍食品はNGで食事はすべて手作り”。“絵本の読み聞かせは1日最低3冊”。そんなふうに子育てにおいてノルマを課していないでしょうか?

もちろん、向上心があるのはすばらしいことなのですが、ただノルマにがんじがらめになるのは考えもの。

自分自身に厳しすぎるお母さんは、子どもに対してもおおらかでいられません。

たとえば、手間ひまかけた料理を残されるとイライラ。子どもが読み聞かせを聞いていないと「ちゃんと聞いていなさい!」と怒る。これって何だか本末転倒ですよね。

心の余裕をなくすくらいなら、家事も育児も“手抜き”のほうがいいのかもしれません。「絶対にこうしなきゃ」と目くじらをたてるのではなく、自分へのハードルを下げるようにしましょう。



■NG2:“プラス思考”に惑わされる
“母親は常に笑顔を絶やさないことが大事”。育児指南として、そんな言葉を目にしたことのある方も多いと思います。

でも、子育てって思うようにならないことの連続で、つらいことも多いですよね。“いつもニコニコ優しいママ”だなんて、どこか不自然な気がしませんか?

“いつも笑顔”などといったプラス思考ばかりにとらわれるのは、自分の感情を抑え込むことともいえます。そうすると、子どもに対してもポジティブを押し付けてしまうことにもなりかねません。

ママだって人間。子育てでイライラしたり、くよくよしたりしたら、“ネガティブな考えをしている自分”をあるがまま受け入れてみては? そのほうが、子どもも失敗して泣いたり悔しがったりという負の感情を正直に出しやすくなるでしょう。



■NG3:“平均”にとらわれる
育児書を見ると、“○歳までにこれくらい”といった発達の目安が書かれていることがあります。

わが子がその目安に届いていないと、真面目なお母さんほど「もっと食べさせなきゃ」「私の育て方が悪いのかしら」などとパニックに陥るかもしれません。

しかし、親が平均を意識しすぎて子どもの発達を無視したしつけや教育をしていると、子どもにとっても親にとってもストレスにしかならないでしょう。

生まれつき小柄な子、食が細い子、性格のおっとりした子……という具合に個性はさまざまなのに、それを無視して杓子定規に“平均”を押しつけても、子どもが急激に成長するわけではありません。

平均はあくまで“参考程度”にとらえて、子どもの成長を楽しむようにしましょう。もし、どうしても子どもの発達の遅れが心配ならば、情報にふりまわされるより、専門医などに直接相談することをおすすめします。



■NG4:“迷惑をかけない”にこだわる
「人様に迷惑をかけてはいけません」そうお子さんに言い聞かせているお母さんは多いことでしょう。特に、自分自身がそう育てられてきた方だと、その傾向が強いかもしれません。

でも、“他人に迷惑をかける”ことをそんなに恐れる必要があるのでしょうか?

もちろん、放任主義で子どもが公共の場でさわいでも知らん顔……のような無責任子育てを推奨しているわけではありません。

ただ、他方で「人様に迷惑をかけないように」というメッセージばかりが子どもに伝わってしまうと、子どもはいざというときにSOSを出せないように育つおそれがあります。

たとえば、「わかりません」「できません」が言えなかったり、いじめに遭っていても親に助けを求めなかったり……。どんな悩みや問題も、自分だけで背負いこむ子に育っては大変ですよね。

そうならないためにも、親は“迷惑をかけない”ことより“人間はお互いに頼り、頼られて助け合って生きていくものだ”ということを教えることが必要です。

そのためには、親自身が何か困ったら素直に周囲に頼る姿勢を見せておくことも大事かもしれません。



いかがでしたか? いずれも“いいお母さん”ほど陥りがちで、「わっ、これやってた!」と思い当たるふしがあるかもしれませんね。

もし、該当する項目があるならば、ぜひ完璧なママを目指すのではなく、もう少し肩の力を抜いて子どもと向き合ってみましょう。


【参考】

※ 立石美津子(2016)『「テキトー母さん」流 子育てのコツ マンガとQ&Aで楽しくわかる』(日本実業出版社)



WooRis(ウーリス)引用



nice!(0)  トラックバック(0) 

就活やビジネスで不利は本当?キラキラネーム…名前が深刻な弊害に [子育て]

20年ほど前から子供に「キラキラネーム」と呼ばれる読めない名前をつける親が増加した。「皇帝(かいざー)」「蒼流(そうる)」「今鹿(なうしか/注:男の子)」「士恵大(じぇだい)」「怜碧琉(れある)」「姫星(きてぃ)」「愛羅(てぃあら)」「音奏(めろでぃ)」「愛保(らぶほ)」などなど……キラキラネームは年々恐るべき進化を遂げている。

「キラキラネーム」の受難…就活やビジネスで不利は本当か?

「キラキラネーム」の受難…就活やビジネスで不利は本当か?.jpg

キラキラネームの人の“本音”とは!?(イメージ)


 親にしてみれば「わが子にオンリーワンの名前を」という思いがあるのだろうが、当初から「学校でイジメられる」「名前を笑われて子供が傷つく」といったマイナスの影響が叫ばれていた。

そして月日は流れ、現在はキラキラネームの第一世代、第二世代が大学生や社会人に成長。就職活動やビジネスにおいて、名前が深刻な弊害を生んでいると指摘されている。


 都内にある大学の就職担当教員はこのように語る。

「キラキラネームは学生の性格によって就活の有利・不利に差が出る例もあります。子供のころから名前が原因で周囲に笑われたり、イジメに遭ったりしたために目立つことを避けるようになった結果、アピール下手になってしまったという学生も少なくない。

一方で社交的に育った学生は『覚えてもらいやすい』といった理由で就活を有利にしているようですが、それは少数派のように感じられますね」


 ネット上である医師が「子供が毎回、初対面の人に名前を笑われると心に深刻な傷を負う」と指摘したこともあり、場合によっては「小学生がキラキラネームのせいでうつ病になることもある」という。名前は人格形成に大きな影響を与える可能性があり、それが結果的に就活で不利に働いてしまうことも否定できないようだ。


 また、都内の中小企業の人事担当者は「キラキラネームはできれば敬遠したい」と漏らす。どこかで「家庭環境に問題があるのでは」「親も子供も常識がないのでは」との疑念が湧いてしまうとのことだ。

 もちろん、名前と家庭環境に因果関係があるのかどうかは担当者の思い込みにすぎない。だが、もし人気職種の狭き門を争っている時に担当者に余計な疑念を抱かせてしまったら、致命的なマイナス要素となりかねない。

 何とか就活を成功させても、社会人になれば新たな試練が待ち受ける。今年1月に「俺もキラキラネームだが、人生は暗いぞ」などと題した投稿が、はてな匿名ダイアリーに寄せられてネット上で話題になった。

 この男性は「想像してみろよ。取引先に名刺を渡した時の『あっ……』っていう空気を。さらに『キミくらいの歳で、もうこういう名前なんだねぇ』と言われるその場を。俺はなんて答えればいい?『親からもらった名前です!』って胸をはれると思うか?」などと悲痛な思いを綴っている。

 受難続きの人生から逃れるために改名したといい、この男性は「すげえ安堵した。涙が出るほど嬉しかった。胸を張って自分の名前を言えるのがどんなに素晴らしいことか」と“普通の名前”の喜びを書き連ねている。

 実際にキラキラネームを持つ人物に話を聞くことができた。「滝音」と書いて「たきおん」という名前を持つ30代の男性だ。

「僕の場合、名前でそこまで深刻に悩んだことはないし、不利益を被った記憶もないですね。初対面の人に毎回、名前の由来を説明するのが面倒だったり、病院や区役所など公共の場所でフルネームで呼ばれるのが恥ずかしいくらいです。妹も『美留季(みるき)』という名前ですが、普通に会社員をしていますし、兄妹みんな改名したいと思ったことはありません」

 キラキラネームにネガティブなイメージがつきまとう一方、この男性のように普通の人生を歩んでいる人も少なくない。就活やビジネスも大事だが、人間にとって名前は長い人生を共にするもの。その人自身の生き方の問題であり、他人がとやかく言うべきではないのかもしれない。(ライター・別所たけし)

dot.(ドット)引用




nice!(0)  トラックバック(0) 
前の3件 | - 子育て ブログトップ