So-net無料ブログ作成

女性ホルモンのバランスが崩れて薄毛に…髪は女性の命 [悩み]

薄毛は男性だけの悩みじゃない!

最近抜け毛が増えたような・・・
髪の毛にコシがなくなってきた・・・


そんな方は早めの対策を!


薄毛の原因

男性が薄毛になる原因は、ストレスをはじめとした以下の4種類が特に多いと言われています。

①ストレス
②遺伝
③食生活、生活リズムの乱れ
④AGA


①ストレス

ストレスは体を緊張させ、血管を委縮させる働きがあります。
頭皮への栄養は血管を通して供給されるので、
血管が委縮していると栄養の供給がうまくできなくなり、
髪の毛の栄養不足=薄毛につながってしまいます。


また、ストレスは睡眠不足や食欲減退など、他の薄毛の原因につながってしまうこともあります。
適度な運動などで、ストレスを適度に発散させましょう!


②遺伝

両親や祖父母、親戚に薄毛の人が多い場合は、
薄毛になりやすい体質を遺伝している可能性が高いです。


食生活や生活リズムなど、他の原因の影響を受けやすいので特に注意しましょう。


③食生活、生活リズムの乱れ

偏食によって栄養が偏っていたり、暴飲暴食の多い人は薄毛になりやすいです。
外食が多かったり、インスタント食品、ジャンクフード、アルコール類が好きな人は
薄毛になりやすいと言えます。


また、睡眠不足などの生活リズムの乱れも薄毛の原因になります。
身長と同じで、髪の毛も22時~2時の間が成長のゴールデンタイムと言われていますので
睡眠時間はこの時間帯を目安にしてください。


④AGA

最近よく見られる原因で多いのがこのAGAです。


厳密には「原因」というよりは「薄毛の種類」なのですが、
ここでは原因の一つとして紹介します。


AGAは男性型脱毛症と呼ばれ、遺伝や男性ホルモンの過剰分泌、
生活習慣の乱れで発症します。


発症する年齢に特に決まりはなく、若い人にも見られます。


いわゆる「若はげ」の原因として挙げられることが多いです。
これに関しては個人での対策よりも、専門のクリニックなどに行く方がいいでしょう。


ケアの方法

次はケアの方法を見ていきましょう。

①正しく頭皮を洗う

・汚れを取ろうとして爪を立ててガシガシ洗っている
・シャンプー液を泡立てずに、頭皮に直接つけている
・洗った後に乾かさず、自然乾燥させている

これらは全部、よくやってしまう「正しくない頭の洗い方」です。


汚れを落とそうと、強めに洗ったり、刺激の多いシャンプーを選んでしまうと
頭皮を保護してくれる皮脂まで落としてしまい、頭皮の荒れにつながってしまいます。


シャンプーは毎日やることですので、
正しいやり方を覚えて健康な頭皮環境を整えましょう!


一般的に、正しい洗い方は以下の手順です。


1. ぬるま湯で軽く流す(重要)
2. シャンプーを手で泡立ててから、指の腹で優しく洗う
3. しっかりすすぐ
4. タオルドライ
5. ドライヤーで乾かす


余裕があれば洗う前にブラッシングもするのが良いでしょう。
髪の毛のほこりや汚れを取ることができます。


ぬるま湯で軽く洗い流す「予洗い」をすることで、
汚れの半分以上を落とすことができ、シャンプーの効果も高くするこできます。


シャンプーで洗う時の注意点は力を入れすぎないということです。
強加減が良くわからないという人は、美容室などで聞いてみるのがいいでしょう。


ドライヤーをかける際には、同じ部分に2秒以上当て続けると、
髪の毛が過度に乾燥してしまい、傷みの原因になりますので気を付けてください。
15cmほど離し、手ぐしで髪の毛を浮かせながら軽く乾かすのがポイントです。


②生活習慣を見直す

バランスの良い食事と規則正しい生活が、髪の毛の成長につながります。


食事面では、

・タンパク質
・ビタミン
・亜鉛

の3種類の栄養素を摂ることで、髪の毛の成長を促すことができます。


タンパク質は肉や魚類などから摂ることができます。


ビタミンは野菜で摂取できますが、加熱すると死んでしまうという性質を持ちます。


なるべくサラダなど、生野菜を摂れる料理を食べるようにしましょう。


亜鉛はなかなか摂りづらい栄養素です。


豚のレバーや牛もも肉などに含まれていますが、
意識して摂るには難しいのでサプリなどで補うのが良いでしょう。


生活習慣の面では、

・適度な運動
・決まった時間に寝起きする

この2点が大切です。


適度な運動は血行を促進し、睡眠の質にもつながるので普段から心がけましょう!
通勤の時に1駅歩いたり、エレベーターやエスカレーターは使わず階段を使うなど、
ちょっとした運動を積み重ねることが大切です。


③育毛剤を使用する

育毛剤は、頭皮に直接栄養を与えられるという点で優れています。


また、育毛剤を使っているという安心感が、ストレス軽減につながることもあります。
他の2項目と一緒にやることで、相乗効果を狙いましょう!


即効性があるわけではないので、しっかりと継続していくことが大切です。




女性の薄毛の悩み・原因

今も昔も「髪は女性の命」。
その分薄毛の悩みはとても深刻です。


最大の悩みはなんといっても「オシャレができなくなる」という点。
オシャレの幅をギュっと狭めてしまう薄毛は女性の天敵です。


そんな薄毛の原因は男女で変わってきます。
女性に特に多い薄毛の原因として挙げられるのが、

①過度なケア
②パーマ・カラー
③肌に合っていないシャンプー
④食事制限ダイエット
⑤出産

です。


女性の場合、髪の毛のために良かれと思ってやっていることが
逆に薄毛につながっていることが多い、というのが特徴です。


1.過度なケア

過度なケアも薄毛につながってしまいます。
やってしまいがちなのが「皮脂の取り除きすぎ」。


皮脂は多すぎると毛穴の詰まりなど、頭皮環境の悪化につながりますが、
少量であれば汚れから保護してくれる役割も持っています。


そのため躍起になって取り除きすぎてしまうと、
逆に頭皮を汚れや菌にさらしてしまうことになります。


2.パーマ・カラー

女性に多いパーマやカラーなどのアレンジも薄毛につながります。


やらないのが一番ですが、やはり
「オシャレのためには欠かせない!」
という人もいると思います。


かけた後はしっかりと髪と頭皮の状態を分析し、
状態に合わせたケアが大切です。


3.肌に合っていないシャンプー

添加物がたくさん入っているシャンプーは
頭皮の荒れを引き起こしてしまう恐れがあります。


特に市販のシャンプーのほとんどに含まれるシリコンは、
髪の毛の表面をコーティングしてくれますが、
その反面、毛穴の詰まりの原因にもなってしまいますので注意が必要です。


女性用のシャンプーは特に添加物がたくさん入っていることが多いので、
薄毛の原因の一つとして、無視はできない部分です。


4.食事制限ダイエット

食事制限ダイエットは血行不良や栄養不足の元です。


栄養が少ないと、心臓や脳など、生命維持に必要な部分に回されるので、
髪の毛にまで栄養はいかなくなってしまいます。


なので過度なダイエットは要注意!です。
なるべく、健康もシェイプアップも狙える、運動でのダイエットがベストです。


5.出産

女性の体内では、出産の時期に女性ホルモンが大量に生産されます。
そのため髪の毛にもコシ、ハリが出たり、健康な状態になります。


しかし出産後は急激に女性ホルモンの量が減る(通常に戻る)ので、
髪の毛が抜けてしまったり、状態が悪くなったりしてしまうのです。


これに関しては出産の際には誰にでも起こるうえに、
一時的なものですので、「気にしない」ことが大切です!


薄毛の対処法

シャンプーを替える
栄養をきちんと摂る
育毛剤を使う




1.シャンプーを替える

・アミノ酸系
・無添加

頭皮に刺激の少ないシャンプーを使うのがベストです。


最近では育毛シャンプーなども販売されていて、
男女用ともに育毛シャンプーとはわからない見た目のものが多いので
女性でも使用しやすいものになっています。


2.栄養をきちんと摂る

毎日バランスよく栄養を摂ることも大切です。


特に、女性は女性ホルモンのバランスが崩れて薄毛になってしまうことがあるので、
女性ホルモンと似た働きをする「大豆イソフラボン」を意識して摂りましょう。


また、ビタミンや亜鉛なども欠かせません。


とはいえ、毎日バランスよく栄養を摂るのもなかなか難しいです。


好き嫌いもありますし、ダイエットと両立したいという人も多いと思います。


そういう場合は、サプリなどでカバーするとストレスも減らせていいでしょう。


育毛用に成分を配合しているサプリなどもありますので、
そういったものも利用して無理なく栄養を摂れている状態にすることが大切です。


3.育毛剤を使う

「育毛剤といえば男性」というイメージを抱いている人が多いかもしれません。
しかし最近では、女性用の育毛剤も増えてきています。


女性の肌は男性に比べて敏感ですので、無添加のものを選ぶのがいいでしょう。








nice!(0) 
共通テーマ:美容

貧血や胎児への影響はある?葉酸欠乏症原因や症状、治療法! [悩み]

葉酸欠乏症は誰にでも起こりうる症状ですが、特に妊婦さんは、胎児の成長のために葉酸の必要量が急激に増えるので、葉酸欠乏症になりやすいといわれています。胎児の成長に欠かせない葉酸が不足すると、胎児の障害リスクにつながることもあるので注意が必要です。



今回は、葉酸欠乏症の原因と症状、治療法、胎児への影響についてご紹介します。



葉酸欠乏症とは?原因は?

葉酸欠乏症はその名前の通り、葉酸が不足することで起こる症状のことです。主な原因は「低栄養」「必要量の増加」「吸収力の低下」の3つです(※1)。




低栄養

普段から食事量そのものが少ない人や、生野菜や柑橘系フルーツをあまり食べない人は、低栄養状態になりがちで、葉酸も不足してしまいます。





葉酸の必要量の増加
妊娠中や授乳中は、体内における葉酸の必要量が増加することで、葉酸欠乏状態になりやすい傾向があります。





吸収力の低下

葉酸の吸収不良は、特にアルコールの過剰摂取により起こります。大量の飲酒は、葉酸の吸収と代謝を妨げます。また、薬の服用や下痢によって葉酸の吸収力が低下することもあります。





葉酸欠乏症の症状は貧血?胎児への影響はある?

葉酸欠乏症に陥ると、どのような症状が起こるのでしょうか?主な症状は以下の4つです。




貧血

貧血は鉄分不足により引き起こされることが多い症状ですが、葉酸欠乏でも貧血になることがあります。巨赤芽球性貧血(きょせきがきゅうせいひんけつ)といって、正常な大きさの赤血球が作り出されなくなり、赤血球の主な仕事である体内に酸素を運ぶことができなくなります。めまいや立ちくらみといった貧血の症状が起こります。




胎児の障害リスク

妊婦が葉酸欠乏症になると、胎児の障害リスクが高まる可能性があります(※2)。葉酸摂取量の不足によるリスクがある障害の一つが、「神経管閉鎖障害」です。これは、脳や脊髄が正しく成長しない先天性疾患で、無脳症、脳瘤、二分脊椎などを含みます。




認知症

重度の葉酸欠乏症により、認知症が起こることもあります(※1)。葉酸は、神経伝達に重要な役割を果たしている栄養素でもあるからです。また、葉酸がアルツハイマー病発症のリスク低下や認知機能低下の遅延につながる一つの要因になりうる、とする研究結果もあります(※3)。






粘膜系疾患

葉酸はタンパク質や細胞生成に必要な核酸をつくるうえで、重要な役割を果たします。葉酸が不足すると、口内炎や胃潰瘍といった体の粘膜系のトラブルにも繋がります(※4)。





葉酸欠乏症の治療法は?

葉酸欠乏症の症状を改善するには、以下の3つの治療法が効果的です。




葉酸を摂取する

レバーやほうれん草など、葉酸を多く含む食品を摂取するよう心がけると良いでしょう。ただし、葉酸は熱に弱く、加熱調理をすると食品中の葉酸の大部分が破壊されてしまいます。また、妊娠初期のつわりや偏食、食欲減退を考えると、通常の食事だけで必要量の葉酸を摂取するのは難しいかもしれません。


そこで、サプリメントなどで葉酸を摂取するのが、最も効果的といえます。2000年に厚生労働省は、妊娠を計画している女性に関して、「妊娠の1ヶ月以上前から妊娠3ヶ月までの間、葉酸サプリメントを1日0.4mg(400μg)摂取することで、神経管閉鎖障害の発症リスクが低減することが期待できる」という情報提供を行うよう、勧告を出しています(※5)。


ただし、厚生労働省は葉酸の1日当たりの上限摂取量を1,000μg(1mg)としているので、注意しましょう。




アルコールを控える

アルコールの摂取を控えるのも、葉酸の欠乏を改善するのに効果的です。アルコールは、葉酸の吸収を損ねる恐れがあるためです。






ビタミンB12を摂取する

ビタミンB12が不足すると、葉酸欠乏症と似た症状が起こります。葉酸欠乏症と思いきや、ビタミンB12が不足している可能性もあるのです。ビタミンB12の摂取量を増やしても葉酸の摂取量を増やすことはできませんが、葉酸とビタミンB12を合わせて摂取することで、葉酸欠乏症によって起こる貧血症状の改善に繋がるといえます。



ビタミンB12はしじみやのり、鶏レバー、小魚に多く含まれていますが、妊娠初期などでこれらの食品を摂取できないときはサプリメントを活用しましょう。葉酸サプリのなかには、ビタミンB12を豊富に含んでいるものもありますよ。




妊婦は、葉酸欠乏症になりやすいの?

葉酸欠乏症は誰にでも起こりうるものですが、特に妊婦さんに気をつけて欲しい症状です。妊娠中は葉酸の必要量が増加し、普段と同じ食生活では葉酸欠乏症になりやすい傾向にあるからです。

また、妊娠初期にはつわりや食欲減退に悩まされ、食事が思うようにとれないことも多いので、葉酸の摂取量が不足しないよう注意が必要です。





葉酸欠乏症を防ぐためには食事やサプリで補うことが大切

葉酸は、妊娠中の女性にとって重要な栄養素。妊娠が判明する前から葉酸を摂取しておくことが理想ですが、妊娠中は意識して摂取することで、葉酸欠乏症にならないように対策をしておきたいですよね。



市販のサプリメントをうまく活用して不足しがちな葉酸を補給し、赤ちゃんの成長に必要な体内環境を作ってあげてくださいね。




参考文献 ※1 MSDマニュアル家庭版「葉酸」 ※2 難病情報センター「二分脊椎」 ※3 Bruno Vellas M.D, Ph.D「認知機能の低下防止と栄養」 ※4 則岡孝子 監修「栄養成分の事典」(新星出版社) ※5 厚生労働省「葉酸とサプリメント 神経管閉鎖障害のリスク低減のための妊娠可能な年齢の女性等に対する葉酸の摂取に関する情報提供要領」

nice!(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

こどもが欲しい!不妊、妊娠、妊活に悩む女性もう悩まない妊活サプリメントは? [悩み]

妊活中の不妊、不妊症で悩む人におススメの妊活サプリメント!!野菜で女性を幸せにする物語。新妊活サプリメント【VEGEMAMA ベジマ野菜で女性を幸せにする物語。





植物工場で育った機能性植物の「アイスプラント」を原料に配合し、
元気なママへの願いを心よりサポートする新妊活サプリメントです!








妊活の女性には必須の葉酸はもちろん。

ビタミンEにビタミンC。ビタミンB群やルイボスを配合。

そこに、今まで妊活サプリには配合されてこなかった「ピニトール」という成分をプラス!
新妊活サプリメントを是非一度お試し下さい。






不妊、妊娠、妊活に悩む女性に新妊活サプリメント『VEGEMAMA ベジママ』。.jpg




【WEB限定】初回購入は通常価格の50%OFFの2,750円(税別)のキャンペーン実施中。【VEGEMAMA-ベジママ】













●妊活サプリにはいままで配合されていなかった、新成分の「ピニトール」を配合。

●厚生労働省推奨400μgの葉酸。(4粒あたり)

●直径8ミリの小さい粒で1日4粒。色々な成分が配合されています。

●安心・安全の国内閉鎖型植物工場で栽培されたアイスプラントを利用。






まだかまだかと言われる生活からお別れしたい  ~
野菜で女性をしあわせにする物語【VEGESTORY】
新妊活サプリメント『VEGEMAMA(ベジママ)』 














【マカ】や【葉酸】だけでは、効果がなかったという方に
現代人の健康的なカラダをサポートする独自の天然成分を配合いたしました!



【マカ・葉酸を超える】新妊活サプリメント『VEGEMAMA-ベジママ』







☆植物工場産の機能性植物栽培であなたの幸せに貢献したい?





『VEGEMAMA(ベジママ)』は
健やかな思いに宿る、元気なママへの願い!をサポートいたします!

最近話題の新プレママ成分のピニトールに、
妊活ではおなじみの葉酸&ルイボスをプラス!他にもビタミン類を配合し、
このベジママ1つで、女性の身体にやさしく健康維持をサポートします。








 <ご利用者さまのお声>

● ベジママならこれだけで妊活女性に嬉しい成分が簡単に摂取。(T.Eさま)
● 必要な成分が1日4粒で摂取できるなんて!(A.Kさま)
● ガタガタだった基礎体温グラフが安定するようになりました。(C.Hさま)
● 安心・安全で作っておられるので、気持ち良く続けられます。(J.Sさま)

以前飲んでいたサプリよりも良いとお答え頂いた方が92.6%!












初回は通常価格50%OFF!注目成分「ピニトール」をいち早く取り入れた妊活サプリです。葉酸、ルイボス、ビタミン群等、ママに必要な栄養もたっぷり、VEGESTORオンラインショップがお届けする、不妊、妊娠、妊活に悩む女性に新妊活サプリメント『VEGEMAMA ベジママ』。




▼今なら初回半額!全額返金保証付き!▼









【VEGEMAMA-ベジママ】
















nice!(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。