So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

バストの悩み胸を大きくする方法#痩せてバストアップ [悩み]

痩せてバストアップ!?バストの悩み解決"胸を大きくする"方法って?



バストアップするにはまず何が必要...?胸を大きくする脂肪が必要なの。しかし脂肪を増やそうと思うと太ってしまう...。


スリム体型のままバストだけふくよかにするにはどうしたら良いのでしょうか?



#食事を改善
#冷え性の改善
#大胸筋を鍛える
#脂肪を注入





バストアップは食事を改善?

痩せたいのなら、エクササイズをすると共に食生活を変化させる必要があるようです。食事を見直すことで女性ホルモンの分泌が活発になり、乳腺が発達してバストアップへ導きますyo。ダイエットすると胸から痩せると言われていますが、正しいダイエット法を取り入れると胸から痩せることはないのです。

その一歩として食事がありますが、イソフラボンを多く含む大豆製品を主として食べると良いでしょう。女性ホルモンに似た作用をしますので女性らしい体つきになることが出来ます。


醤油や豆腐、豆乳などは手軽に摂取出来ます。






冷え性の改善

冷えは血行を悪くし、胸への血流も悪くなりますから、たとえバストトリートメントをしっかり行っていても成果は半減してしまうことになります。

冷え性を根本から解決するには体質改善が一番です。そのためには規則正しい生活が最も有効な方法となります。


冷え性の女性は手足を意識しながら温めるようにしましょう。







大胸筋を鍛える

鍛える、と聞くとなんだかムキムキになりそうなイメージがありますが、そんなことはありません。大胸筋を鍛えるには腕立て伏せがベスト。

腕立て伏せを何回やっても普通の女性は腕がとてもムキムキになることはあまりありません。

大胸筋をうまく鍛えることでバストアップと二の腕痩せを実現できます。

また、キャベツなどバストアップ食材を中心のメニューにすると良いですね。




自分の脂肪を注入...

バストアップのひとつの方法として豊胸手術が挙げられます。そこで今注目を浴びているのが脂肪注入法と呼ばれる手術法です。この手術法はお腹や太ももなど、痩せたいと思う箇所から脂肪を吸引して、自分のおっぱいに注入するという方法です。

この手術法のメリットはバストアップと同時に痩身効果も期待できるという点が挙げられます。また、自分の脂肪を注入するので、シリコンバッグのようなバッグを体内に入れたくない…という人にはピッタリの手術法といえます。





脂肪注入法も種類がある?

脂肪注入法といっても、様々な種類がありクリニックによって施術方法も異なってきます。どの脂肪注入法が自分に合っているのかを判断するのは難しいと思いますので、クリニックの無料カウンセリングを利用してみる事をオススメします。







バストアップ,シリコンバッグ,痩せたい,エクササイズ,女性ホルモン,分泌,乳腺,ダイエット,イソフラボン,大豆製品,醤油,豆腐,豆乳,バストトリートメント,冷え性,体質改善,大胸筋,キャベツ,バストアップ食材,クリニック,無料カウンセリング,オススメ,脂肪注入法,メリット,



nice!(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

バストは下がる"育乳"始めてみませんか?#育乳バストアップ [悩み]


10代からバストは下がる傾向に...バストが下垂すると言われるアラフォーya小胸で悩んでいる人も今日から"育乳"始めてみませんか?

今日から出来る育乳方法とは?地道な努力でバストアップ



バストアップ"育乳"のpointとは?


#ブラジャーを見直す
#豆乳を飲む
#水を飲む



ブラジャーを見直してみる

1年以上同じブラジャーをつけている女性、NGです!本来なら3ヶ月に1回はブラジャーのサイズを確認して、買い換えたいものなんですよ。ブラジャーは平均寿命が100回着用となっていますから、古いブラジャーはつけていても効果が期待できない。さらに体にあったブラジャーを選ぶのも育乳への近道。こまめにブラジャーの位置を正すのもポイントです。





豆乳を飲みましょう

豆乳を飲んだことがない、という女性もまだいるでしょうが、豆乳に含まれる大豆イソフラボンは女性ホルモンに似た作用をしてくれるので、乳腺の発達に役立ってくれます。毎日豆乳を飲んでバストアップしましょう。





体重×30mlの水を飲みましょう。

水分補給はバストアップのためにも必要なものです。体内の血液が滞っていると、栄養もバストに届きませんから、充分な水分が必要となります。体内が乾燥しているとバストのハリ感もなくなってしまいますから、内臓から潤いをかもし出しましょう。さらに大胸筋を鍛えることも忘れずに。バストの土台となっている大胸筋を鍛えると、ふっくら胸が盛り上がってきます。1日2日ではかないませんが、1ヶ月、2ヶ月と続けていくと大分変わってくるものですよ。



育乳に必要な基礎をおさえつつ、理想のバストを目指す場合は、高度美容外科医療による豊胸術により、自然なバストアップを行うという手段もありますよ。






バストアップ,理想のバスト,豊胸術,美容外科,医療,育乳,基礎,豆乳,大豆イソフラボン,女性ホルモン,






nice!(1) 
共通テーマ:恋愛・結婚

カラダが柔らかい人は痩せ体質なの?#ダイエット,痩せやすく美しい体になるには... [悩み]




痩せやすく美しい体になるには...カラダが柔らかい人は痩せ体質なの?



体が柔らかい人は痩せている人が多い・・・という話を耳にしたことはありませんか?実は体が硬いと思うようにダイエットが成功せず、逆に柔らかい人は痩せる体質なのだそうです。それには代謝が関係してきますが、まずは痩せ体質になるために体を柔らかくしてみましょう。





固い肉をほぐすことが優先?

体が固いということは筋肉も硬く、よく収縮したり伸びてくれません。そのお陰でエクササイズも思うように効果が期待できない...。

まず固い体を柔らかくするようにしましょう。セルライトなど脂肪が固まっているところを揉み解し、皮膚が冷たい部分が固い部分です。そのためにはストレッチが効果的です。特に女性であれば股関節は柔らかくしておきたいですね。太もも太りに効果が期待できますよ。





骨盤周りを柔らかくする

骨盤周りを柔らかくすることも必要です。骨盤が歪んでいるとダイエットに成功するしない以前に、太りやすくなってしまいますし、体も歪み、バランスが悪くなってしまうのです。骨盤を元の位置に戻すにはセルフでは難しいかもしれませんから、整体などで行ってもらいましょう。





体を温めるようにする

冷え性の女性は多いと思いますが、その冷え性を放っておくと痩せ体質にはなれません。体がいつもぽかぽかな人は痩せている人が多いです。夏場冷たいものをとりすぎたりするのは体に良くありませんし、痩せ体質とは正反対に行ってしまいます。



ショウガや根菜など、体を温める食材を用いた料理を食べることによってインナーケアができますから、注意して美しくしなやかな体を手に入れましょう。








ダイエット,柔軟,代謝,股関節,骨盤,セルフ,整体,インナーケア,筋肉,エクササイズ,セルライト,脂肪,冷え性,

nice!(0) 
共通テーマ:美容

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。